ばあちゃんのセット価格も「驚き」の納得価格です

子供と接した経験や知識がない方には役に立つかも。男の子が生まれたので!購入しました。購入から1カ月以上経過しましたが!まだ読み終わっていません。

イマが買い時♪

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

ばあちゃんカヨ子おばあちゃんの 男の子の育て方 [ 久保田カヨ子 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

「しつけ」を50項目に渡って触れられていますが!自分が育てられている側だった小さい頃から経験して!今の育児でも普段から当たり前にしている事がほとんどで!改めて読むほどでもなく…ちょっとでも興味が持てたのは数の概念くらい。レビューがどのサイトも少なく、また、評価もそこそこだったので正直購入を迷いました。。でも!「叱らない育児」とか「話せばわかる」とかが好きな方には!反発買う部分もあるかもしれません。基本はなるほど・・・と納得できるものでしたが!現代社会では!ちょっと異種なのかも…と思うような内容でした。でも!女の子にはそういうの向いてるけど!男の子にはどうかな〜!と個人的には思いますね。3歳と0歳の男の子がいるので!自分がかつて「女の子」だった女親では経験でわかってあげられない「男の子」の参考になればと買ってみたのですが!私には拍子抜けする内容でした。1983年に産経新聞で連載されたコラムを2012年に加筆修正された本だそうで!育児書読むのが趣味だった私には目新しさがないのも納得です。子供が小さくゆっくり読んでいる暇がないということもありますが、集中して読みたくなるような内容ではないです。 1 大切な所に太字、色マーカーがある。最新なのかと思い購入したら、1983年の連載をまとめたものでした。 2 テーマごとに3ページの内容 3 当たり前と思っていたことも、論理的でわかりやすい 4 科学では子育てはできないと最初に言われている日々忙しくされているお父さん、お母さん、子育てを終えられたおじいちゃん、おばあちゃん、おすすめです。子育て真っ最中の日々忙しい親としては!ハッと気づかされることが多く!とても参考になっています。なるほどという内容でしたが!ためになりました!レビューを書かない自分が!是非レビューを書きたいと思える本でした。内容的には支持できる部分が多かったです。育児に時代は関係ないのでしょうが…目新しさを感じるはずもなく…はじめての子育て中の方は一度読んでもいいかもしれませんが、第二子第三子の方は今さら読まなくてもいい感じです。おすすめの理由は、次のとおりです。しかし、思い切って購入してみると、目からうろこ。